2008年03月30日

窓辺で昼寝するナルト

naruto36b.jpg

どうしても眠いってときには、無理に起きていようとするよりも
仮眠を取るほうが、眠気を覚ます効果があるんですって。
けれども昼、寝ちゃうと体内時計がずれて、夜、寝れなくなっちゃうらしいです。
それは困るね。困るけど、でもお昼寝しちゃうんだよね。
posted by @ at 19:46| ナルト (Naruto) | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

葉桜の枝に腰掛けるサクラ

sakura11a.jpg

巡り来る季節の折々に、空を染める色吹雪。
春は桜色。
静かな眠りから目覚めた樹々が、暖かな陽射しに応えて広げた花の衣。
舞え。そのためにこそ咲いたのだとばかりに。
posted by @ at 18:42| サクラ (Sakura) | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

桃花の枝と、壁に背をもたせ掛けるカカシ

kakashi12b.jpg

この数日練習していたたかみち塗り。
しかしまるで雰囲気出せませぬ。
いったいどうやれば良いんだぜ。
肝心のたかみちの絵は、手に入れるのにハードルが高すぎるし。
posted by @ at 14:51| カカシ (Kakashi) | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

灰色の街と暁

akatsuki01c.jpg

あまりにも個性的過ぎなメンバー大集結!
人間かどうかすらも疑わしいレベルの方々でございます。
社会からドロップアウトしてしまったのもむべなるかな。
オレたちゃ隠れ里なんていうちっぽけな殻には収まりきらねーんだよ! 的な。
posted by @ at 20:38| 暁 (Akatsuki) | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

初代火影の首飾りの輝きとナルト

naruto35a.jpg

第二部になってからナルトは「火影になるってばよ」って言わないね。
忘れてるわけではないんだろうけど、それどころじゃないんだろうな。
もしサスケも火影になりたがっていたとしたら、
『ナルトは、サスケとふたりで火影を目指して競い合いたがる』っていう
展開になってたりしたんじゃないかしら。
夢を捨てて復讐を選んだ友……、夢を掴むために友を追う主人公……。とかとか。
posted by @ at 20:55| ナルト (Naruto) | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

手を突き出して光を遮るデイダラ

deidara05a.jpg

暁に入ってなかったら、デイダラはちゃんとした芸術家になれてたんでしょうか。
なんかどう転んでも周囲の理解は得られなかったような気がします。
アウトサイダーであり続けることが必要だった自己表現。
拒絶されることによってのみ存在意義を成立させられる、反逆のアーティスト。
デイダラの破壊が及ばない暁だけが、デイダラを受容することが出来る。
posted by @ at 19:02| デイダラ (Deidara) | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

草薙の剣を携え、豪火球を放つサスケ

sasuke17a.jpg

豪火球を画面全体に描くとサスケがちっちゃくなるし、
サスケをおっきく描くと豪火球が画面に入らないというアンビバレンツ。
これでは豪火球の術だか何なんだか判らんね。
posted by @ at 21:07| サスケ (Sasuke) | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

魔法少女的ナルコ

naruko01a.jpg

マジカル・ミラクル・チャクラララ〜。
スイート変化(へんげ)、コノハオレンジ!!

他にピンク(サクラ)・ブラック(サイ)・グリーン(ヤマト)・ホワイト(カカシ)が居ます。
五忍揃ってコノハガクレンジャー!! です。長いです。
赤とか青とか黄色とか、基本色が居ません。
えっと、戦隊じゃなくって魔法少女でしたっけ。
どっちでも良いや。似たような感じですし。
posted by @ at 18:33| ナルコ (Naruko) | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

電線から落ちるカカシ

kakashi11a.jpg

猿も木から落ちるし、河童も川に流される。
カカシも読書に夢中になっていると、
足を踏み外すくらいの失敗はするのです。
ちょっとやそっとの高さから落ちたくらいじゃ大丈夫、
っていうのがまた油断に繋がってみたり。とか。
posted by @ at 18:36| カカシ (Kakashi) | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

ケージの向こうのイタチ

itachi01a.jpg

九龍城的なるものに心惹かれる方が多いのはなんででしょう。
住人たちの生命力によって伸張されているというのに、
増改築されたその瞬間から廃墟の匂いが漂い始める構造物。
まるで崩されるために積み上げられた河原の小石。
張り巡らされたチューブやコードを見て、
それが必要だった誰かが必死に生きようとしたことが判って嬉しいのか。
posted by @ at 17:57| イタチ (Itachi) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。